スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『おっちゃんチャレンジ』大型自動二輪卒検の巻 

2007年3月2日、運命の日!(大袈裟・・・)

『おっちゃんチャレンジ』最終章

いよいよ大型自動二輪教習の卒業検定!!

あさ6時に起床、頭をすっきりさせる為に早めに起きた。
不思議と緊張感やドキドキ感はなく平然としてる感じだ。
身支度を整え8時に出発、教習場へ
集合時間は9時10分、まだ30分以上ある
一応コースの確認をしたりしてみる
検定コースは3コース、どのコースになるかは試験直前まで
知らされない。。。
3コースとも頭に入っている!自身はある!
迷いが出ると嫌なのでコースの確認をするのはやめた×××

集合!
見た顔もあるなぁ。。。
全部で11人 うち8人が大型M/T、3人が普通M/T

検定の順番、僕は3番目・・・いい位置かな・・・微妙・・・
普通二輪の時は一番最後だったからなぁ・・・
今回はまだましかな♪

コースは第3コース!

検定開始!
一番の人が急に僕に「ど~しよ~・・・」と言ってきた
「大丈夫ですよ」僕にはこれくらいしか言ってあげる言葉は無い・・・
「頑張って♪行ってらっしゃい♪」
でも・・・その人・・・大学生らしが・・・
上手いじゃん!!そつなくこなして完走!

そう!卒検は完走する事が第一条件!完走してなんぼ!!

2番目の人も完走!!

そして、僕の番!
「頑張って!」終わった前2人から声が掛かる。
「僕が最初の検定中止になるかも。。。」
なんて言いながら呼ばれるのを待つ

「○○○番、○○さん!」
「ハイ!」手を挙げバイクに向かう
ヘルメットを被り、グローブを着け
大きく深呼吸した。。。緊張はしてない
とにかく完走しよう!それだけだ!

発進!
コースは完璧に頭に入っていた。
次に何処へ行くのか左折か右折か、周りも見えていた
課題も無難にこなしたと思う・・・
したと思う・・・そう憶えてないんですよ。。。
終わった事憶えてないんですよ
憶えているのは発進した時と発着地点に停止してバイクから降り
検定員に手を上げた時だけ。。。

戻る時次の番の人とすれ違った
「頑張って!」と僕、「お疲れ様でした」と次の人。
ゼッケンを受付に返すと、自分の手が震えている事に気がついた。
「あぁ~。。。終わった。。。」
もちろん合格が大前提なんだけれど
走り切った!完走した!それで満足だった・・・
変でしょ?でも先の2人もそんな感じだった
検定が終わった者が集まり談笑しまた終わった人がそれに加わるといった風に
和気あいあいムードで検定は終了した。

合格発表!
急に緊張してきた・・・今頃・・・
もうどうにもならないのだから腹を据えて待つしかない。
結果は合格!!
名前を呼ばれた時思わず拳を握り「よしっ!」っと。。。
大型二輪は8人全員合格!
普通二輪は3人中2人合格!

終わった!
おっちゃんチャレンジを成し遂げた♪

後日3月5日、府中の免許センターで
免許証を交付。
2ヶ月で2回も免許センターに来るとは。。。

これで僕も大型自動二輪免許保持者
バイクならなんでも乗れる資格を取った!

いざ免許取って大型バイクが乗れると思うと
昔、読んでいた漫画「キリン」を思い出し
GPZ900Ninjyaなんか乗ってみたくなる。。。

。。。いかん、いかん。。。スポスタ乗りになるの!!

こうして今年1月から始まった
『おっちゃんチャレンジ38歳で大型自動二輪』
は終了しました。

次は是非!バイクを手に入れてツーリング三昧したいと思います♪



スポンサーサイト

『おっちゃんチャレンジ』大型自動二輪の巻・其の②

CB750にも慣れてきて、教習が楽しくてしょうがなくなって来た♪

僕の場合普通二輪の教習からずぐ大型に入った訳なんで
教習車の違いだけみたいなもんだ。
「俺、乗れてる!」なんて勘違いもあり楽しい♪
大型に乗ってる優越感も少々あるしね。

しかし、壁も待っていた訳で。。。
もう落ちる事は無くなった『一本橋』だけど
タイムがね・・・・
普通二輪の時は7秒以上だったのが大型は10秒以上
たった3秒の違いなんだけど・・・されど3秒・・・

『スラローム』。。。得意だったんだけどね
なんだか思うようにアクセルを開けられないんだよね・・・
一度調子に乗ってガバッとアクセル開けたらまっすぐ
パイロンに突っ込んだし・・・

課題走行で増えたのが『波状路走行』
凸凹道走行・・・
これは立ち姿勢での走行です。
ニーグリップが甘いとふらつきます。。。
ちょっと難しい課題ですね。。。

楽しみながら教習受けれたおかげで
無難に進み教習も最終段階へ

二段階のみきわめです。
これがもらえれば後は卒業試験です♪

しかし!!
なんと最後の教習で当たったのが
Y教官!!
普通二輪では怒られまくった教官です。。。
「みきわめ、貰えないかも・・・」
ちょっとあきらめムードの僕。。。
2段階みきわめは僕を入れて3人
僕以外の2人は普通二輪です
するとY教官、普通二輪の2人にはコースの指示を出し
僕には「○○さんは課題を入れながら自分でコースを考えて走ってて下さい」
「苦手な課題があったら集中的にやってもいいですよ。」
って自由に走らせてくれました。

一通り走って発着地点に戻ってくとY教官が居て
「あそこはこうした方がいいよ、あれはダメだよ」
アドバイスをくれます。それの繰り返し。
普通二輪の2人はやっぱり怒られて怒鳴られてました。。。

教習が終了!
Y教官の元へ集合
「普通二輪の○○さんと○○さんはもう1時間乗ろう!」
あぁ~落とされた・・・俺もダメかな・・・
最後に僕だけ残されて
「○○さん、まだあそこの確認があまいよ・・・」
いろいろアドバイスされ最後に・・・

「じゃぁ試験頑張って下さい♪いいバイクライフを送って下さい」

教習カードとみきわめ合格の札を渡してくれました
「有り難う御座います!!」

なにより、Y教官からみきわめを貰った事が嬉しくて
自信にもつながったし、試験に合格したくらい嬉しかった。

受付で卒業試験の申し込みをして全ての教習を終えました。
試験は2日後「頑張るべ!!」


『おっちゃんチャレンジ』大型自動二輪の巻

2月9日に普通自動二輪免許を取得して翌週の2月13日に
再入校、2月16日より大型自動二輪教習のスタート♪

ここの教習所、大型二輪の教習を受けるにあたり
・ヘルメットは各自で用意する事
 普通二輪では貸し出してくれたのに・・・

・軍手は×グローブ着用

・スニーカーは×ライディングシューズ又はライディングブーツ着用
 普通二輪ではスニーカーOKだったのに・・・

グローブは普通二輪教習の時から着用してたし
ヘルメットも用意してあったんで問題ないんだけど・・・
靴・・・
ライディングシューズか・・・
僕の目的はあくまでスポーツスターに乗る事!
きっと教習終わって免許取ってもライディングシューズなんて
履かないだろうなぁ。。。
教習所用にしては安くない買い物だぞ・・・
でも大型二輪教習受けてる人見ても皆、履いてるんだよな・・・

って事で・・・?
買いましたライディングシューズ!
『アルパインスター』
そう言えば、教習所に通いだしてから
今までの僕の歩んできた道には登場しなかった
ブランドが揃ってきたなぁ・・・
『BUCO』とか『イエローコーン』とかね・・・

で身なりも揃った所で教習開始!
やっぱり初めは車体の引き起こし
400とは違うんだろうな・・・
「よっこらしょ!」重い・・・
でも起こせるぞ!!
さすがに連続で4パターンの引き起こしをさせられると
息が上がる・・・ハァハァハァ・・・
教官もハァハァ言ってるしね(笑)
そんで乗車!
やっぱりデカイぞナナハンは!
足は着くぞ!よかった♪
今日から俺の相棒だCB750♪

コースイン♪
ぬぉぉぉ!!
パワーあるぞ!!
やっぱり400とは違うのね(当たり前だが)
車体がデカイぶん微妙にポジションがズレる
リアブレーキペダルにつま先が乗って無くて
空振りしてみたり(汗)
まぁスグにポジション修正出来たけどね。。。
とにかく、今までのCB400SFとはちがうのよ

ともあれ、教習は始まりました♪

        ・・・・・続く・・・・・

『おっちゃんチャレンジ』普通自動二輪の巻

1月の上旬、教習所に入校した僕はいよいよ教習開始です♪

まずはお約束の車体の引き起こし。

あれ?以外に簡単に起こせるじゃん。。。
力じゃないんだねコツなのね
そういやぁ~高校の時ダチが「コツだよコツ」って言ってたな

乗り出しもナカナカで「俺って上手いじゃん」なんてね♪
教習も進み、『課題走行』へ
そこら辺で僕に異変が・・・

「クランク」や「S字」、「スラローム」は難なくパスなのに
「一本橋」が渡れない。。。何故??
前輪が乗って、後輪が乗ったら前輪が落ちちゃったみたいな。。。

今時の女の子ですらなんなく渡ってるのに・・・
俺の三半規管、おかしいんじゃねぇ~の!
Y教官には「一本橋嫌いか?」って嫌味言われちゃって・・・
このY教官、厳しいんだよ本当に・・・
関西弁で言い方キツイんだよね~ 散々怒られたよ僕。

うすうす気ずいてたけどやっぱり俺、「どんくさい」
再確認だね・・・(泣)

1段階のみきわめで運命的な出会いが・・・
今まであたった事がなかった若いK教官に
「一本橋、苦手でしょ?」と聞かれ
「ハイ」と答えると
「じゃぁ僕の後ろに乗って」って親切に指導してくれた
「ほら、いじゃん!出来るじゃん!!」
「ねっ・コツを掴めば簡単でしょ」
僕の場合肩・腕がガチガチに力んでしまって
ハンドルでバランスが取れなくなってたらしい
このK教官、冗談を交え僕を笑わせたりしてリラックスさせ
一本橋を完璧に渡れる様にしてくれました。
「どう?自信ついた?」
「ハイ!つきました!!」

この歳になって初めて気ずきました
僕は褒められると伸びるタイプだと。。。(笑)
あぁ・・・子供の頃に両親が褒めて伸ばしてくれてたら・・・
違う人生を送ってたかも・・・(爆)

無事、1段階を終え2段階へ
「法規走行」や「急制動」
まぁ怒られもしましたが、みきわめをもらっていよいよ
「卒業試験」です!

2月9日、その日は来ました。
「普通自動二輪の卒検」です
コースは覚えました3コース。。。
どれが出るかは当日発表・・・「今日は第3コースです。」
ゼッケンをつけ順番待ち。。。
ゼッケン8番・・・一番最後じゃん・・・
もう心臓が飛び出そうです・・・
こう見えて(?)本番に弱いタイプの僕には耐え難い時間でした。。。
自分の番が来ました
手を上げ、バイクまで行きメットをかぶりグローブをして
安全確認をして、サイドスタンドを上げバイクにまたがり
ミラーを合わせエンジン始動!
エンジン音を聞いたとたんなんだか落ち着きを取り戻し
自分でも不思議なほど冷静に検定をこなして行きました
あれだけ苦手だった「一本橋」もクリアー
コースも完全に覚えていたため迷うことなく検定は進み
最後の急制動を終え発着地点にバイクを停め規定通りにバイクを降りて
手を挙げ、検定終了!

結果は「合格」
心の中で小さくガッツポーズ!
卒業式を終えその足で「府中の免許センター」へ
新しい免許証を受け取りました
僕の免許証に『普自二』が加わりました
ちなみに東京都はICチップ入りの免許証です。

しかし、これはただの通過点に過ぎません・・・(だいぶ苦労したが)
目標はあくまで大型自動二輪です!!
すぐさま教習所に再入校!!大型自動二輪教習です

       ・・・続く・・・

信じられん・・・(怒)

ちっと用事を済ます為、ライフでお出かけしたんですが
有り得ない事が起きたんです・・・

風は強いが天気のいい昼下がり某駅前の通りを走行中
横断歩道に小さな女の子を連れベビーカーを手にした
若いお母さんが立っていたので
僕は手前で停止しました。
親子が横断歩道を渡り始めた時

後ろから来た車が僕の右側を追い越して行ったんです
しかも結構なスピードで・・・

信じられます?

親子は渡り始めたばかりだったので事故にならなかったけど
タイミングがずれてたら3人跳ねていたかもしれない
大惨事ですよ!!

「こういう奴が園児の列に突っ込んで幼い命を奪うんだ」
そう思ったらどんどん怒りが込み上げて来ました

軽く会釈をして横断歩道を渡り終えた親子を見送った僕は
踏み抜けんばかりに軽のアクセルを踏み
あのクソ野郎を追いかけました
その後の事は御想像にお任せしますが。。。

べつに僕は正義の味方でもなんでもないけど
こういう奴は許せんですね。。。




今日は試乗♪

今日は昭島市にあります
『ハーレーダビットソン昭和の森』
スポーツスターの試乗に行って来ました♪

乗ってみたのは「XL883L」「XL1200R」の2台♪

まずはスタッフの方の先導でまず「883L」で敷地内試乗コースを走行!
ちなみに排気量883ccの883を【パパサン】と呼ぶ。
しかしこの「883L」!L=ローの通り簡単に言っちゃえば車高短!
ちょっと倒して曲がるとステップ、ガリガリやっちゃいます。。。
フィーリングは悪くなく、アクセルも開けれちゃう感じでGOOD♪

そんで本命、1200Rと交換!!
さすがは1200cc!下からモリモリです♪
Vツインらしいドコドコ感もテンションアゲアゲです!
やっぱり僕はこっちの1200Rの方がタイプだ!!

しばらく試乗コースを走ったら、
スタッフの方が「じゃぁ1200Rで外走りましょう」と言って下さり
スタッフ先導で一般道へ!
「きっ・気持ちいい~♪♪」
スポーツスターとは言え、ハーレーが2台つるんで走ってれば
道行く人達が振り返ります。。。
ド・ド・ド・ド・ド・・・・
しばらく走り、戻ってくると「今日は天気もいいしツーリング日和ですね」
とスタッフの方。
「いやぁ~・最高に気分いいですね♪」と僕。
二人でしばしニヤニヤしちゃいました。。。

するとそこに、いかにもハーレー乗りな50絡みのおじさんが・・・
恰幅のいい体系に革ジャン・背中にハーレーマークの革ベスト
キャップをかぶりレイバンのティアドロップ
僕に「これからバイクの季節だぜ!」
  「今年は冬も走れたけどね。」とおっしゃいました。
僕が「冬の間に教習所通いました」って言うと
おじさんは「免許取ったんだ!じゃぁあとは買うだけじゃん!」
     「早く買って走りなよ!いいぞ!!」と言って店の中に入って行きました。

その後、挨拶程度に見積もりを作ってもらい店を出ました。

いやぁ~気持ち良かった♪
スポーツスター最高でした。 



『おっちゃん・チャレンジ』

きっかけは、本屋さんでみた一冊の雑誌でした。
車・バイクコーナーにあった一冊のバイク雑誌

「アイ・ラブ・スポーツスター」

何これ?スポーツスター?
ペラペラっと読んで見るとスポーツスター・オーナーの
愛車自慢みたいな本でした。

へぇ~!これもハーレーなんだ!
ハーレーにもこんなこじんまりした奴あるんだぁ。。。
なんだかカッコイイなぁ(笑顔)

その雑誌を買い、家に帰ってからも読みふけってましたね。
こんなの乗ってみたいな・・・
よくカッコイイ車とかバイクとか見たりすると
「乗ってみたい・・・」って気になる事は良くあるんですが
それとは違う「乗ってみたい・・・」
旨く言えないけどもの凄くこのバイクに惹かれている
自分が居ました。

Harly-Davidson
XL1200R (スポーツスター1200ロードスター)


今まで、高校生の時でさえバイクに対する興味・関心は
他の人より薄かったと思います。
16才の時バイトして中免取って、400のバイクを買おう!
そう想いバイトの日々でした
親には反対され、車の免許が取れるまで我慢しろと言われ
クラスのいわゆる「ボンボン」が当時最新のKAWASAKI GPZ-R400の新車を
親に買ってもらって乗り回してるのを見てたら
なんだか急に熱が冷め
原チャリでいいや・・・車!クルマ!
それ以来あまりバイクに対する関心や興味はもっていなかったんですけど
ここ数年、バイクでツーリングがしてみたいなぁ・・・
なんて気持ちになる事がしばしば有り
そのたんびに、「免許取るか・・・」
思うばっかりでちっとも踏み出せず・・・
「この年で高校生に混じって中免でもないよなぁ・・・」
「この年で教官に怒られるのやだなぁ・・・」
こんな調子でした・・・

しかし、40歳を目前にして
「バイクに乗りたい!」と言う気持ちが大きくなっていたのも事実です。
ただあまりバイクに詳しくないのでとても漠然としたものでした
この雑誌をきっかけになんだか自分の描くビジョンがはっきり見えてきた気がしました。
「バイク」ではなく「スポーツスター」に乗りたい!
「ハーレー」に乗りたい!!
こんな思いが、昨年末に爆発!

嫁に「俺、来年早々、教習所通う!大型自動二輪の免許取る!」
  「それで取れたらハーレーに乗る!(ちさい奴だけど)」
意外なほどあっけなく嫁が言った。
  「いいんじゃない♪」
  「私も高校の時免許取りたかったんだけど親に反対されて
   絶対ダメって。。。原付だけは無理やり取ったけど」

そして年が明けて2007年

今年の目標
    「大型自動二輪免許取得!」
    「スポーツスター買うぞ!!」を打ち立てた僕!

年始の営業開始をねらって教習所へ!!
説明を聞きいきなり大型ではなく普通二輪からのほうがいいとの事
それに取得後、継続して大型教習を受けに来た方が割引制度があって
お得になってると言うので
まずは普通自動二輪M/Tコースへ入校!!

こうして2007年
『おっちゃんチャレンジ』のスタートである!!


                   ・・・続く・・・




獲ったどぉ~!!

本日、卒業検定。。。

無事パス!!

『大型自動二輪免許』

獲ったどぉ~!!

おっちゃん38歳の春の出来事。



プロフィール

ぶる

Author:ぶる

1968生まれ
東京の外れに生息
嫁と二人暮らし

2007年、38才で
大型自動二輪免許を取得

相棒は

'98
Buell S1W
White Lightning

'99
Buell
THUNDER BOLT S3

愛車は

E90 LCI BMW 325i Msports

40代 おっさん・ライダーです♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。