スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S3 ステムベアリング打替え







20130901S3.jpg






Buell S3

納車時から気になっていた違和感・・・

なんて言ったらいいのか?・・・

ハンドルが重い様な・・・

極低速でハンドルを取られるような・・・

極低速時、危なっかしいハンドリング・・・

う~ん???

S1W とは明らかに違うハンドリング

同じEVO の Buell でこんなに違うの?

S3 はカウル付いてるし、フロントへヴィー?

フロントフォークが WP と SHOWA の違い?

う~ん・・・違和感・・・

怪しいと思う所は有るんだが・・・

浅はかな私の思い込み・・・






ある、Buell ・H-D を専門に扱うShopのブログ記事に

同じ様な所見の記事が・・・





そして、怪しいから確信へ!





やっぱり!!ステムベアリングの摩耗に違いない!!





早速、

購入したディーラーでメカニックに試乗してもらい

確認してもらった結果・・・

「ステムベアリングを交換させて下さい」との事




もちろん、保証修理です。




ここのお店(ディーラー)

頼んだ事や修理依頼は素早く対応してくれて助かるのですが・・・
(お金になる修理とかね)

保証の修繕や修理に関してはこっちから言わないとやってくん無いんだよね・・・

今回の事だって、素人の私が気が付いたのに

プロのメカが気が付かないはず無いじゃん・・・と思う訳よ

「良く見たいから時間を下さい」と

そっちから言って

納車までの日取りを長く取ったりしたんだし

納車整備でやっといてよねっって感じ。。。




まぁ、同じ土地で40年以上営んでるお店だし

いい意味でも悪い意味でも「ナァナァ」な感じ

「どんぶり勘定」的な感じだしね(笑)

外車ディーラーでは有るけど、いわゆる、

「町のバイク屋さん」

外車ディーラーは各上でキッチリ・・・なんて思う人には

決してお奨め出来ないけどネ。。。

外車ディーラーは敷居が高くて・・・ちょっと・・・

なんて人にはもってこいのお店ですよ♪

まぁ、なんにせよ、私もこれからもお付き合いしていく訳だし・・・

お店選びは大切だよって事で・・・



でっ!

ステムベアリングが打ちかえられた

私のS3


まるで、別のバイクの様なハンドリング♪

コレコレ!!って感じでクイックイ切れます!

あの違和感が全くもって消えてしまいました。



ステムベアリング・・・恐るべし です!!









スポンサーサイト

イマサラ・スパトラ




車検を取ったら、S1W のマフラーを替えたいなぁ~・・・

っと以前から思っていたんですが

なんせ・・・

現在、手に入るリプレイスマフラーには限りが有り

それも種類は極、極、少量です。。。。


そんな中で新品で買える有名処のリプレイスマフラー

SUPERTRAPP 4inch internal


そう!スパトラです。






交換作業前日からボルト類や連結部にCRCをたっぷり掛けた甲斐も有って

割とすんなりノーマルマフラーが外れました♪








20130812スパトラ①


ノーマルマフラーとスパトラです。



スパトラと言えばディスクですが、Buell のは15枚付属していました。









20130812スパトラ②

このスリップオンは、インターナルタイプなので

ディスクはサイレンサーの中にすっぽり隠れてしまいます。


20130812スパトラ③









炎天下の中の取り付けで

リヤ側のブラケットに手こずり

何度か気が遠くなりながらも水分補給で切り抜け、

何とかやっつけました!!















で、こんな感じになりました。











20130812スパトラ④








20130812スパトラ⑤








20130812スパトラ⑥



緊張のエンジン始動!!

アイドリングは思ったより静かでした

まぁ、Buell の場合ノーマルでもそこそこいい音してますからね。。。

低音が聞いたサウンドになりました。


実際、走ってみると、歯切れのいい、重低音で

ゴキゲンです!!

思わず引っ張りたくなっちゃいますね♪


爆音でも無いし、満足の良くサウンドになりました。






・・・・S3にも欲しくなった・・・





サンダーボルト大作戦 !!







サンダーボルト 大作戦 !!










P47.jpg


P-47 THUNDER BOLT





アメリカの戦闘機・・・





のお話では無く・・・







アメリカ製の アレ のお話








そう!!




外来種





絶滅危惧種





Buell








今回、私の作戦で救出、保護したのは、この個体(笑)



















20130721S3①






20130721S3②





'99 Buell THUNDER BOLT S3





本国アメリカでは一番人気だが、

日本では数が少ない

スポーツ ツアラー

サンダーストームヘッドの

インジェクション仕様 101PS














ちなみに、こちらは


p38lightning.jpg



双胴の悪魔と呼ばれた

P-38 Lightning







そして、

0929S1W①



'98 Buell S1W White Lightning





サンダーボルト大作戦において無事、成功を収めた

私は、

ポ〇コツ・・・イヤ!

絶滅危惧種2台体制になりやした





(・`Д´・)ゞイエッサー!!










白い ペガサス









愛機のご紹介です。





0929S1W①





1998

Buell S1W

White Lightning




(歯ミガキ粉みたいな名前ですが・・・笑)




元祖 Street Fighter S1 Lightning を更に


パワーUPさせたサンダーストームヘッド搭載機



0929S1W0



スポーツスター系エンジンの限界? 101PS モデルです。


1998年の1年間しか作られなかったモデルだそうです。。。










結局、私は Ⅴツインが凄く好きなんだ・・・と言うことです







あ~、そうそう、

こいつには、Buell を楽しむ為の

リプレイスパーツが沢山装備されています。

そのご紹介はいずれまた!






ペガサス 再び・・・





まぁ結果から言いますと・・・

先日の keiko との富士山方面ツーリングを

ラストランとしまして R100RSを手放しました・・・

本当は、全然手放したくなかったのですが、

諸諸の事情とタイミングが重なり

泣く泣く手放した次第です

あっちこっちからオイルは滲むは漏れるは・・・

1000㎞で1ℓオイル消費するは・・・

走行中にステップが脱落するは・・・

そんな所さえ愛おしく思える愛機だったんですけどね
(未練タラタラ・・・)



言い訳はさて置いて



そんな時、ありえないタイミングでやってきた


ペガサスマークのアイツ



かつて1度所有したけど、トラブルだらけでロクに乗れず

手放してしまった事もあった・・・

そしてメーカー自体が2009に生産を終えてしまった

あの メーカー


しかし!!




あの、男は見事復活!!

転んでもただでは起き上がらない Erik

EBR 1198 RS 160万円位 だそうですが、いかが?


日本には未導入ですが 公道マシーンです!

(水冷Vツインになっちゃいましたけど・・・)


ドゥカのパニガーレがライバルって奴です。

私は買えませんが



話は戻りまして・・・



そんな、彼が作った名車が

私の元にやってきました

1998年、たった1年間しか作られなかった

白いペガサス がやって来たのです。



プロフィール

ぶる

Author:ぶる

1968生まれ
東京の外れに生息
嫁と二人暮らし

2007年、38才で
大型自動二輪免許を取得

相棒は

'98
Buell S1W
White Lightning

'99
Buell
THUNDER BOLT S3

愛車は

E90 LCI BMW 325i Msports

40代 おっさん・ライダーです♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。